めざすは中堅女子中学!

シングルマザーで、平凡な成績の子が挑戦する中学受験

理科が致命的に出来ない

うちの娘、理科は全くと言って良いほど勉強しません。


理由はいつくかあって、


1.時間がない
2.出来ない→嫌いになる


が主な理由です。


あまりの出来なさに、
合不合の前日に先生から、


「これ以上、下がることはない」


とまで言われました(苦笑)  
 →母も同感


首都模試も、合不合も、暗記さえしていれば取れる問題でさえ
出来ない我が子。
まぁ勉強してんだから、頭の中から理科は消えてますよね。
だから植物なんて、全滅でした。
 →トイレに問題集を貼りまくろう。


ただ今回の合不合は、前日に理科を徹底的にやったので、
やった部分は点が取れていました。


なのでやれば取れる!!という証明が出来たので、
少しは進んで勉強するかなー?
と思いきや


「理科、本当に嫌い」


だそうです。


まぁ私も理科は大嫌いだったので、気持ちは分かるんですけどね。
最近は、毎日


理科
理科
理科


を連呼しています。


理科の偏差値がアップすれば、全体の偏差値がアップするのになぁ。。。
夏休みは理科の遅れを取り戻します。





首都模試を受験後、反省する事

7月は模試からのスタート。
週末ぐらいはゆっくり寝たいのに・・・
模試があると、平日より早起きなので、ものすごく損した気分です・・・。


首都模試は、毎度の事ながら対策一切なしの受験です ><;


結果は、四谷の組み分けテストより5ぐらい高い偏差値。
なのでこれが今の実力なんだろうな。
けど四谷のテストで、この数字だったら、どんなに良いことか。。。


テスト終了後は、解き直しをしななきゃいけなんですよね。
ここで、しっかり解き直しする子と、しない子で、
その後の成績の伸びに影響するんですよね。


分かっているです。解き直しが大切な事は。
けど時間がない。
やることが山ほどあって解き見直しが出来ないーー!!


と毎度言い訳ばかりの親子です。


冷静に分析すると、
「やることが山ほどある」


”山ほど”に順番を付ければ、解直しがトップにくるんだから、
出来るんですよね。


娘の成績、伸びない理由の1つに、↑があるんだろうな。。。


もうこの問題は、娘より母親である私がいけないんだと思います。
私がきちんと順位を付けられない。
ついつい目の前の課題ばかりに目がいってしまっている。
そして、見ているようで、意外と放置気味。
本当に反省です。


なので今日は塾が自習のみなので、
帰宅後は首都模試の解き直しをさせるぞー!!








合不合判定テスト

日曜日は、恐怖の合不合判定テストでした。
みなさん、長時間お疲れ様でした。
待ち時間だけでも結構体力使いますよね。


今回はBクラスキープをかけた大切なテストだったのですが、
特別な対策を取るわけではない我が子・・・
組み分けテストのように、範囲が決まっていないのになぜか余裕・・・
いつも通りの勉強しかしなんいです。
大丈夫か?と思っていましたが、



はい。しっかりと点数に現れていましたよ。



自己採点をしていたおかげで、
心を落ち着かせて結果を見ることが出来ましたが・・・
それでもやっぱり。。。。
この点数は。。。。
偏差値、恐ろしい。。。



けどもしかして、問題が難しかったのかも!!
なんて淡い期待もしてみましたが。。。


インターエデュでは、
今回の算数を


「易しい」と言っている子が多いような。。。


一瞬、「易しい」を「むずかしい」と読み間違えた私ですが、
今回のテスト、易しいんだ・・・


念のため、我が子に確認してみましたが、
我が子は「難しい」と言っていました(苦笑)
  →そりゃこの点数だったら、難しいでしょう!!



説明会でも、前日の塾の保護者会でも


「お母様方は、点数や偏差値に目がいきますが、
本来は、苦手な分野を発見することが模試の目的なんです!!」


と言いますが、


うん。それは分かりますよ。
私も第三者なら、同じ事言いますよ。


けど、母親ともなると、この時期は第一希望も決めなきゃいけない。
それには偏差値が超重要。
もう切羽詰まってますから!!
と、声を大にして言いたくなります。


本当は母親だって、成績で一喜一憂したくないです。
偏差値なんて気にせず生活出来たら、どんなに良いか。



木曜日に偏差値が出ますが、おーーーー怖っ。
A下位へ逆戻りな予感ですが、
本人は


「仕方ないよね。それが私の今の実力だから」


だそうです。


木曜日に結果が出たら、夏休みの課題作り開始です。